~タイ・バンコクでの出来事を・・・と思ったけどそんなに出来事ねーな的なブログ~
--/--/--(--)--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/10/11(月)00:00
仕事から帰ってビール飲んでると、最近仲の良いBから電話がかかってきた。

相談事あるしちょっと今から家に来れないか?と。

まあ、数日前にある嘘つき日本人にハメられて警察沙汰になった件があって、

その事かなぁ?なんて思っていったら、もっと壮大な相談事だった。


日本に出稼ぎに行く話があるんだけど、どう思うかって。

そのブローカー?がこれから来るから、タイ語が分からない日本人のふりして

一緒に話を聞いて、そいつとその話が信用出来るかアドバイスをくれと。







知らんがな!






アドバイスも何も、そんな人身○買してるような奴の事信用出来る訳ないでしょう。

つーか何考えてんだコイツ・・・若いから色々と無知なのは分かるけど・・・。


手数料がいくらとか具体的な数字だしてたから、それを元に計算してって色々教えてあげた。

その手数料だって借金なんだから、もし日本入国出来なかったら丸々借金かかえる事になるし、

正規の手続きふまないんだからリスクが大き過ぎるよって。

つーか、そんな事しちゃダメだよって。


まあそんなブローカーに会って話し聞ける事ってないだろうから、

一応、話しだけ聞いてみる事にして家で待ってたんだけど、これが全然来ない。

何時頃来るのか催促の電話をかけるんだけど、もうすぐ着くってだけで全然来ない。

さすがタイ人。

結局4時くらいまで待ってたけど、睡魔には勝てずそのまま寝てしまった。


偽ブローカーだったのか、日本人がいるって事で警戒して逃げたのかは分からない。

ただ、色々と話を聞いてみるとスゴイ具体的だった。

手数料の金額もそうだけど、日本行きまでの準備期間どう過ごす事になってるとか、

日本に行ってからの過ごし方とか、

日本だけじゃなく中国、シンガポール、中東なんかにもルートがあるとか・・・。


結局、朝まで来なかったよブローカー。

おかげで2時間睡眠で仕事だわ、トホホ・・・。



こんなブローカーだったら、コンドーから飛び降りて逃げた自信120%
 ↓
20090708184203_07_400.jpg


六平直政




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
日本に行けば儲かるとでも思っている人がいまだに多いのに驚く。
みんなタイに来るのに結構がんばって貯金してたりするか、なんらかしらのスキルなどがあるから金持ちなわけであって、一朝一夕でそうなるわけではない。
ましてや、(事情はなんであれ)まともに働こうと思わずに体を売って楽して儲けようという程度の人に大金を掴めるわけがない。
政府はもっとそういうのをテレビで流していかんと。
2010/10/19(火) 22:48 | URL | テーン改め顔圧 #-[ 編集]
同感です。
ただ行ってもスキルが無いと給料もらえません。
ましてや不法入国なんて論外です。
まあ民度の問題と言ってはそれまでですが、
幼少期からの教育・環境次第で変わる事だとも思います。
日本が特別優れているとは思いませんが、
素晴しい道徳観を持っているとは思います。
2010/10/19(火) 23:19 | URL | #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://jikomanthaibangkok.blog31.fc2.com/tb.php/147-9a506e4f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
プロフィール

かわさき あつし

Author:かわさき あつし
タイ在住のナイスミドル
趣味はサッカー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム

ブログ翻訳

powered by 電脳PC生活
powered by Silver Windows

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR

FC2カウンター

ブログランキング
 | タイ・バンコク日記(仮)TOPへ | 
Designed by DAIGO / Material by ARCHIMIX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。