~タイ・バンコクでの出来事を・・・と思ったけどそんなに出来事ねーな的なブログ~
--/--/--(--)--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/08/11(水)00:00
タイトルが何のこっちゃ?だけど、いやー濃く長い一日だった。

明日からタイは4連休という事で、仕事終わりにテーン君とS君、M君と中華を食べに大連飯店へ。

以前スクムビット40にあったのが、最近エカマイに移転してきたらしい。

ゴールドMKの近くのソイの中。

久しぶりに食べたけど注文したの全部美味しかったな。

で、食後にテーン君の用事でエカマイとプラカノンの2軒のカポークラブを見学しに行った。

プラカノンはもの凄いソイの奥まった所にあって、なかなか発見出来ないんじゃなかろうか?

でも帰る時別のお客さん来てたな。

その時点でもう結構眠くって、

この後どうする?とかM君が言ってたけど本気で帰ろうかなって思ってた。

まあ帰んないけど。

行ったのはスクムビット39の舞妓ってカラオケ。

テーン君は車だし仕事があって帰宅したので、M君とS君と3人。

ここで何だかスイッチが入ってしまった。

眠気の向こう側に到達してしまいました。

すげ~楽しくて、オネーちゃんとずーっとケタケタ笑いながらしゃべってた。

ボトルも空けちゃったし・・・。

S君はゴルフなんで帰宅。

じゃあM君どこ行こうか?ということで久しぶりにソイカウへ。

この時点で1時30分過ぎ。

M君情報だと、週末や休み前は3時位までやってるらしい。

知らなかった・・・。

どこに入ったかは覚えてないけど、2軒目入った店はコーラ攻撃がすごかったな。

奢んねーけど。

3時ちょい前に3軒目のシャークに入って、何時まで?って聞いたら

3時半までって言うから入った。

ビール頼んで来た瞬間店内の電気がパッって・・・。

3時閉店じゃねーかよっ!

答えたねーちゃんは「えへへ、ごめ~ん」って。

しょうがない、M君どうする?

もう向こう側に来ちゃってるもんで歯止めが効かなくなってしまったみたい。

地下室前まで歩いて、

アソークに引き返す道すがらマックでビックマック食って、

近くの屋台飲屋で1時間位飲んだのかな?

帰ったの朝6時前だった・・・。




眠気の向こう側怖え~っ。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
今、この前日の日記にコメントしたら、確認用に打ち込む番号が「7777」だった!
4126が出るまでコメントをし続けるつもりでいます!
4126が出たら、電話でコメントしますわ。


プラカノンのカポーですが、みんなおかしかった。
僕はシラフだったじゃないですか。
だからかな。
物件を全力で褒めて女の子見てないわ、M君とか、ここで飲むと1杯いくら? とか訊いているし。
誰もここで飲めるって言ってないし、飲めるのはその前に行った店だし。
今考えると、あの時点で向こう側にみんな行ってたのでは?
2010/08/16(月) 23:14 | URL | テーン #-[ 編集]
4126~www
ここで1杯飲もうよ!って言ってたもんねw
今考えるとウケる。
でもあの物件はいいわ~。
あんな綺麗なマンションで10万B。
最後、M君「ゴメン、俺先帰る」って帰ってった。
2010/08/17(火) 00:13 | URL | あつし #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://jikomanthaibangkok.blog31.fc2.com/tb.php/114-efe70a21
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
プロフィール

かわさき あつし

Author:かわさき あつし
タイ在住のナイスミドル
趣味はサッカー

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム

ブログ翻訳

powered by 電脳PC生活
powered by Silver Windows

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR

FC2カウンター

ブログランキング
 | タイ・バンコク日記(仮)TOPへ | 
Designed by DAIGO / Material by ARCHIMIX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。