~タイ・バンコクでの出来事を・・・と思ったけどそんなに出来事ねーな的なブログ~
--/--/--(--)--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/07/14(水)21:47
クロンプレム中央刑務所(バンコク)で7月10日、
ワールドカップ(W杯)南アフリカ大会とほぼ同じ日程で開かれていた
「塀の中のW杯(World Cup 2010 Behind Bars)」の決勝戦が行われ、
イタリアがアメリカを2-0で下し初優勝を飾った。
法務省矯正局とタイ国フットボール協会による共催。

1278755768_b.jpg


W杯の年に開かれる同大会は、今回で3回目。タイの外国人受刑者は約1万人に上り、
国籍は90カ国を超える。参加したのは南アフリカ大会と同じ出場国から19チームが参加。
模範囚の中から希望者を募り各国代表チームを編成した。
前半・後半各20分のオリジナルルールで行われ、1チーム7人。
選手の数がそろわないチームには、タイの受刑者が加わり試合に臨んだ。

試合は、イタリア人選手2人以外はサッカー経験が豊富なタイ人が参加した
イタリアチームが終始試合をリード。

軽快な生バンドの演奏と

陽気な受刑者らの声援の下


前半開始10分と後半開始10分にイタリアが2ゴールを決めた。

控え選手も含め全員アメリカ国籍の選手を

そろえたアメリカチーム


と熱戦が繰り広げ、盛り上がりをみせた。

1278756675_b.jpg


ハーフタイムには薬物の違法所持などでバンケーンの刑務所に服役中のタイのシンガー、
Power Patさんが代表的な2曲を披露。
「10年前のデビューアルバムの曲を歌います」と感慨深げにあいさつすると、
大勢の観衆を前にアコースティックギターでしっとりと歌い上げた。

当局PR担当のウィポーンパック・ラープマークさんは
「この大会は、受刑者の健康維持と精神の鍛錬、規律やチームワークを学ぶ、
社会復帰のためのプログラムの一環として企画した。
開催にあたりコーチを派遣してくれたタイ国スポーツ省や協賛企業に感謝している」と話す。

1278756510_b.jpg


日本代表チームは

日本人1人を含むタイ人との混成で出場。


トーナメント1回戦で、4-1でスペインに大敗を喫した。


~バンコク経済新聞より~
http://bangkok.keizai.biz/headline/467/






スポンサーサイト
プロフィール

かわさき あつし

Author:かわさき あつし
タイ在住のナイスミドル
趣味はサッカー

カレンダー

06 | 2010/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム

ブログ翻訳

powered by 電脳PC生活
powered by Silver Windows

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR

FC2カウンター

ブログランキング
 | タイ・バンコク日記(仮)TOPへ | 
Designed by DAIGO / Material by ARCHIMIX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。