~タイ・バンコクでの出来事を・・・と思ったけどそんなに出来事ねーな的なブログ~
--/--/--(--)--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/05/08(土)00:00
S君がミャンマーから帰ってきた。

K君と合流してパタヤに行くみたい。

オレも行こうかなあって思ったけど1泊だけだし、

後輩のS君に食事に誘われてたのもあって今回はパス。

昼飯でも食おうよって事で、またまた昨日も行ったタイレストランへ。

ここ1週間で3回目だよ。

S君がミャンマーで一緒になったAさんも一緒に4人でランチ。

みんな元、現バックパッカーなので話が面白い。

ビールすごい飲んじゃった。

ロットゥー乗り場まで見送って夜にそなえて昼寝した。



後輩のS君とテーン君と19時にスリウォンの店で待ち合わせ。

デュークタワーにある、お好み焼きの「もりもと」。

実は前日の夜、またまたサラデーンで、警官2人が死亡、負傷者10数名という

爆発・銃撃事件が起きていて、正直このエリアは何が起きてもおかしくないから

ずっと敬遠してて行きたくなかったんだけど、S君も忙しい人だし食事するのも久しぶり

だったから、テーン君も誘って行ってきた。

3人はタイ料理屋時代の同僚なので共通の話題も豊富だし、今現在もみんな在タイで

頑張ってる同士なので非常に楽しく飲める。

実際、昔話やらですごい盛り上がって普段飲まない日本酒まで飲んでしまった。

で、もうついでだからとタニヤへ。


やっぱり人が少なかったな、タニヤは。

CIMG0165_convert_20100510175047.jpg


こんな装甲車っていうかゴツい軍車両が停まってたり、兵隊や警官がいっぱいいて

異様な雰囲気ではあった。

そんななか、2軒入った。

1件目はソフィアの隣?の店。

初めて入った店だった。

歳を聞いたら21歳って言ってたんだけど、テーン君と突っ込んで聞いてたら23歳だと。

微妙なサバの読み方・・・。

21歳も23歳も変わんねーよ。



外に出たら、タニヤプラザの前に兵隊さんが座ってた。

兵隊さんに写真撮ってもいい?って聞いたら、ちょっと待てと。

怒られるかと思いきや、ヘルメットまで被ってポーズまでとってくれた。

いい人だ。

CIMG0166_convert_20100510175229.jpg



2軒目は楠。

ここは女の子の数多かったな。いつもこんないるっけ?

ついた女の子は可愛かったと思うがあんまり覚えてない。

S君は先に帰ったので、テーン君と定番化しつつある牛野屋で豚丼を食った。

警官隊は休憩中。

CIMG0170_convert_20100510175327.jpg


帰り、シーロムを通ってみたら、人もいなし屋台も出てない。

その代わり、兵隊がいっぱい。

CIMG0173_convert_20100510175602.jpg

   ↑
売ってんのかよっ! とか言って写真撮ったり、

銃にちゃんとマガジン入れてるよ~とか言ってたら、


急に2、3人の兵隊が、ビルの隙間から



身をかがめながら銃を構えて小走りに出てきた



もんだから、2人共ビビって急いで逃げた。

何か起こったのかと思った。

怖え~。


色んな事件のあるサラデーンの交差点、TVでは見てたけど赤服が占拠してからは、

実際見るのは初めてだったんだけど、やっぱ異様だったな。

CIMG0176_convert_20100510175659.jpg

全然人いないし・・・。

報道はされてないけど、先月の10日?11日には

軍の兵士同士で銃撃戦してたとかの話もあるらしいから何が起こるか分からないよね。








スポンサーサイト
プロフィール

かわさき あつし

Author:かわさき あつし
タイ在住のナイスミドル
趣味はサッカー

カレンダー

04 | 2010/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム

ブログ翻訳

powered by 電脳PC生活
powered by Silver Windows

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR

FC2カウンター

ブログランキング
 | タイ・バンコク日記(仮)TOPへ | 
Designed by DAIGO / Material by ARCHIMIX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。